失敗したくない霊園の選び方
2017.03.10

祈る少女これからお墓を求めようと考えている人は、どんな霊園を選ぼうか頭を悩ませているのではないでしょうか。お墓の価格が高い東京など都市部であればなおさら、霊園選びは慎重に行う必要があります。自分が納得できるものであるのはもちろんのこと、実際にお墓参りをする子世代にとっても納得できる霊園を選ばなければなりません。墓地の選び方には3つのキーワードがあります。それは「形態」「立地」「設備」です。それぞれについて、基本的な選び方のポイントをお伝えしましょう。

まずは霊園ならびにお墓の「形態」ですが、霊園の経営形態には大きく分けて2つあります。宗教・宗派不問の霊園と、檀家になる必要がある寺院墓地です。最近では、檀家になる必要のない宗派不問の霊園が人気ですが、「宗教・宗派不問」と書いてあっても、檀家になる必要がないのか、これまでの「宗教・宗派」は不問で、お墓を求めれば檀家になる必要があるのかを確認しましょう。なお、最近では年ごとの管理料を払う必要のない永代供養墓や、墓石ではなく樹木を墓標とする樹木葬墓地、ペットと眠れるお墓など、さまざまなお墓の形態があります。まずは、霊園内に希望の形態のお墓があるかを確認することが重要です。

そして霊園の「立地」については、アクセスの良さが第一条件ですが、注意したい点があります。それは自分の家から近いだけではなく、将来お墓参りをしてくれる子世代の家からもアクセスがよいかどうかを考える必要があるということです。ただ近いだけではなく、駐車場がきちんと整備されているか、駅からバスなどで近くまで行けるかといったところまで検討しましょう。なお、どんなに駅近でも、景観の悪いところでは「ここに眠りたい」という気持ちが薄れてしまうのではないでしょうか。せっかくなら、日当たり良く緑の多い霊園を選びたいものです。立地と環境のバランスをよく検討しなければなりません。

さらに霊園の「設備」については、とくに見学へ出向かなければわからないポイントです。お墓参りをする人のためのバリアフリーに気を配っているか、お手洗いや水場に清潔感はあるかをチェックしましょう。年忌法要をしっかり行いたい人にとっては、法事ができる会館などがあるかどうかも重要です。

ほか、霊園内の地盤がしっかりしているか、墓石価格が妥当かといったことも気になるポイントではありますが、こればかりは複数の霊園を見てまわり、比較してみるしかありません。大事なのは、霊園担当者に質問するなどどんどんコミュニケーションし、信頼関係を築ける人を見つけることです。「霊園選びの最後の一押しとなったのは担当者の人柄だった」という事例も、後をたちません。「形態」「立地」「設備」に満足したら、「対応」に納得できるかどうかを、最後に確認しましょう。

▲ ページトップへ