生前から霊園を探す
2017.03.10

立派な墓石一昔前までは、お墓やお葬式について生きているうちから語り合うことがタブー視されていました。しかし、今では終活ブームもあり、お葬式の生前契約や墓地の生前予約が当たり前のことになりつつあります。そもそも生前にお墓を建てることは、中国では「寿陵」と呼ばれ、長寿につながる縁起の良いこととされてきました。生前にお墓を建てておくことで、他にも様々なメリットが考えられます。生前から霊園を探すときのポイントとともに、お伝えしましょう。

生前から霊園を探しておけば、まずはいうまでもなく、自分の納得するお墓を手に入れられるのがメリットの一つです。最近ではお墓の種類がたくさんあります。継承者の不要な永代供養墓や、ペットと一緒に眠れる墓、樹木をシンボルツリーにする樹木葬墓地などなど。デザイン面では、キレイなガラスをあしらったお墓や、オリジナルデザインに仕上げてくれるお墓もあります。自分の希望にかなったお墓を手に入れるには、条件の合う霊園を探すことが重要です。檀家になることでしかお墓を求められない寺院墓地や、ペットは不可とする霊園、契約石材店の都合でデザインが決まってしまっている霊園など、霊園には何かと縛りがあります。じっくり調べて検討しましょう。

また、生前から霊園を探し、契約して使用料を支払っておけば、節税対策にもなります。お墓や仏壇など、日々先祖をお参りするためのものは「祭祀財産」と呼ばれ、相続税の対象になりません。現金のままで持っているよりも、お墓や仏壇に換えておいた方が節税になるのです。「お墓は、自分たちが亡くなったら遺産で建ててくれればいい」と考えている人もいるかもしれません。しかし、生前に霊園を探し、お墓を建てておいた方が、手間の面でも税金の面でも、子どもたちの助けとなることは確実です。

生前から霊園を探すことのメリットは、精神面にもあります。それは霊園探しをきっかけとして自分の「これから」をより具体的に考えられること、子ども世代と相談しながら探すことで家族の絆が深まることです。どこに眠りたいかを考えることは、自分の来し方を振り返り、残された時間をどう生きていきたいかを考えるきっかけになることでしょう。また、実際にお墓参りをする子ども世代と一緒に霊園探しをすれば、選び方を検討するうえでコミュニケーションを頻繁に行うことになります。一緒に見学に行ければ、お墓を見るためといえども、子どもと過ごす思い出が一つ増えることにもなるでしょう。お墓を求めることをネガティブに捉えず、自分と子どもたちの未来をつなぐものを手に入れるのだと考え、明るい気持ちで霊園選びをしたいものです。

▲ ページトップへ